コツコツ学んでメキメキ成長!大学受験に必須な英語をマスター

男女

基本的な方針は同じ

大学には指導カリキュラムがしっかりと組まれているので安心をして勉強できます。理系の学部では最初の2年間で基本的なことを学び、3年生以降になると専門に分かれていくことが多いです。4年生では最先端の研究や実習が組まれていることが多いです。

人気が高いその理由とは

文房具

多くの大学がある中でも、短大は多くの女性に人気となっています。大学にはない学科で学べることや学費が安いのも最大のメリットと言えるでしょう。女子だけでなく男子にも人気があり、短大を目指す学生も増えています。

力を入れている学校へ

ウーマン

先を見据えた取り組み

国際的に活躍する日本人に欠けているものの一つに語学力があり、その中でも世界中で標準言語として使用されている英語習得は重要なことになります。日本でも英語教育の低年齢化が始まっており、内容についても会話力が重視され、実際に使える英語が求められるようになってきています。そんな中で、各学校では最低限のカリキュラムをこなすことはもとより、より高いレベル到達のために独自の取り組みを始めているところが増えています。特に、社会人を送り出す最終学歴の大学によっては、大学受験時にかなり高いレベルの英語力を求めているところが多くあります。そのため、大学受験対策を進める高校では、その傾向を把握してさまざまな対策を行って対応しています。以前まで私学を中心に中高一貫教育を行い、6年間の教育期間うち5年間は定められた内容を終わらせ、最後の一年は大学受験対策に充てるという方法を行っていました。しかし、英会話については、最後の1年間で力を入れただけでは習得することが難しいため、中学生の時から積極的に授業に盛り込み、ネイティブの教師を招き入れて対応しているところも少なくありません。さらに国に認められた資格に挑戦することを薦めていくなど、社会でも通用する力をつけさせておくことが大学受験にも役立つと考えられています。そのため、英語の資格を取得させるように教育する風潮があります。確実に英語力を身に付けて受験対策に活かすためには、中高一貫校に入学する必要があります。コツコツ学んでメキメキ成長していきましょう。

RECOMMENDED SITES

  • 株式会社さんぽう

    大学の学費が払いきれないというトラブルを避けるためにも、奨学金や特待生制度を利用しませんか?こちらで基礎知識を習得できます。

学校の選び方

婦人

カリキュラム似通いたいとは思った理由を書くのが志望動機ですが、勉強のことや学校自体の雰囲気、将来の就職に向けて勉強できるなどさまざまな動機があるでしょう。相手に良い印象を与えられる動機を考えるために、ある程度工夫しましょう。